コレクション

家庭用品

ニューフランスでは、家の内装はほとんど暖房、照明、台所用品、家事用品などの家庭用品で占められていました。この品々のおかげで、質素な中でも快適な家になっていたのです。貴族や中流階級、商人と小作人は、みなそのようなものを持っていたと考えられます。しかし、裕福な人々、例えば役人・軍人・大商人などは特権として特別な家庭用品を持っていました。

博物館の収蔵品には家庭用品が多くございます。英語版のウェブサイトで写真をご覧になれます。