博物館の歴史

La Maison Saint-Gabriel, acquise par Marguerite Bourgeoys en 1668 pour y accueillir les Filles du Roy.

メゾン・サン・ガブリエル博物館の歴史

博物館であり史跡であるメゾン・サン・ガブリエル博物館は、1966年に開かれました。ポワント・サン・シャルルに所在し、建造300年になるどっしりとした建物は、ニューフランスの伝統的な建築物の素晴らしい例です。1668年にマルグリット・ブールジョワが購入し、「王の娘」の家となり、コングレガシオン・ド・ノートルダム修道会の三世紀間にわたる農業と教育活動の中心でした。

メゾン・サン・ガブリエル博物館の二つの建物、納屋と石造りの家は、1965年に歴史的な記念館とされました。1992年にケベック州文化情報省が公式に州の史跡として指定し、フランスによる統治下の時代に始まるケベック州の歴史と遺産についての意識を上げるユニークな場所としました。2007年以来、メゾン・サン・ガブリエル博物館は、カナダの国立史跡となっています。

沿革

マルグリット・ブールジョワは1653年にヴィル・マリーに到着しました。彼女はこの小さな植民地における自分の使命について明確な構想を持っていました。無料で子どもたちと最初の入植者たちを教え、導くということでした。

教育使命を実行するために、マルグリット・ブールジョワは在俗の修道会、コングレガシオン・ド・ノートルダムを創立しました。1662年に、マルグリットはド・メゾンヌーヴ氏からポワント・サン・シャルルの土地の使用権を手に入れ、その後フランソワ・ル・ベール氏から、隣接する土地と石造りの家を購入して拡張しました。本物の様式の農場を建てることで、マルグリットは教育活動にたずさわる同僚たちに自給自足の生活を保障しました。1671年にフランス王ルイ14世がマルグリットに「ニューフランスのモントリオール島におけるコングレガシオン・ド・ノートルダムの創立」を正式に認可する特許状を与えました。